達而録

中国学を志す学生達の備忘録。毎週火曜日更新。

先秦

仁義とは結局なんだったのか?という初歩的すぎる問題-『孟子』を読む-(3)

前回、孟子は民衆の負担を考えずに戦争を好む恵王を厳しく批判し、自身の考える理想の政治について熱くかたりました。 孟子の熱い演説に押されて、恵王は少し弱気になり始めます。 〔原文〕 梁惠王曰「寡人願安承教。」 孟子對曰「殺人以梃與刃、有以異乎。…

仁義とは結局なんだったのか?という初歩的すぎる問題-『孟子』を読む-(2)

前回は、国を運営する上では利よりも仁義を優先するべきだと説いた話。それから、民衆の支持があってこそ国は成り立っているという話でした。今回も、孟子と梁の恵王の対話が続きます。 孟子に、民衆の支持が重要だ、と言われた恵王は、民衆の支持について孟…

仁義とは結局なんだったのか?という初歩的すぎる問題-『孟子』を読む-(1)

「仁義」という言葉は、誰でも聞いたことがあると思います。では、「仁義」という言葉の出典は、どこでしょうか。 答えは、『孟子』です。『孟子』の冒頭にある、梁国の恵王と孟子の対話に「仁義」という言葉が出てきます。今は分かりませんが、少なくとも私…

勝手気ままな訳書紹介―『荘子』

ここ一年ほど、演習で『荘子』を読んでいる関係で、『荘子』の訳本を色々と見比べる機会が多くありました。もちろん、基本的には『荘子集釋』などから自分なりに訳を作っているのですが、どうにもしっくりこない場合、先人の意見を眺めてみるのも楽しいもの…

小倉芳彦『古代中国を読む』

前回、小倉芳彦『古代中国を読む』(岩波新書、1974)・(論創社、2003)を話題に出すに当たって、数年ぶりに読み返してみました。やはり、何度読んでも面白いものです。 折角ですので、少し引用しながら紹介してみます。 前回、この本は「小倉氏の研究者と…