達而録

中国学を志す学生達の備忘録。毎週火曜日更新。

『説文解字』公開画像データ一覧

 以前、『説文解字』に関して、このような記事を書きました。

chutetsu.hateblo.jp 

 この記事でも少し触れましたが、『説文解字』の版本の変遷というものはとにかくややこしいものです。自分で調べていてかなり混乱してきたので、特にオンライン公開されているものを中心に、現在調べたところを整理しておこうと思います。抜けや誤りがありましたら、是非ともコメントください。(主に、科研:『説文繋傳』『篆韻譜』諸版対照データベースと大徐以前の小篆字形の成果によって整理しています。*1

 大きく分けて、『説文』には二系統の版本が存在します。ともに南唐から北宋にかかる頃に作られたもので、一つ目は徐鉉の作った大徐本、二つ目は徐鍇の作った小徐本です。二人は兄弟であり、徐鉉が兄で徐鍇が弟ですが、作られたのは小徐本が先。小徐本は『説文』原文に校定と注を附したもので、説文解字繋伝』とも呼ばれます。このとき、徐鍇は各字を韻の順番に並べ替えた『説文解字篆韻譜』を合わせて作っています。その後、兄の方が『繋伝』に更に校定を加え、大徐本が成立しました。
 その後、宋から明の頃は、『説文』を使いやすいように韻の順番で整理した李燾『説文解字五音韻譜』が通行し、原書に近い大徐本・小徐本は顧みられなかったようです。あの顧炎武が、大徐本・小徐本とこの『韻譜』とを勘違いしていたという話も残っています。

 明末の頃、毛晋という蔵書家が、汲古閣にて多くの書籍を刊刻しました。宋版の大徐本を入手した毛晋と息子の毛扆は、これを数回に亘って出版します。この際、宋本をそのまま覆刻した訳ではなく、校定を加えていたことが分かっています(というより、覆刻の際には遍く校定が加えられるものです)。特に1653年の「第五次修改本」出版の際に大きく手が加えられたようで、「第四次」以前の方が原書に近いとされています。この辺りの事情は、段玉裁『汲古閣説文訂』序*2に詳しく整理されているところです。なお、一般に「汲古閣本」と呼ばれる本は、第五次修改本を指していて、これが乾隆の頃まで最もよく使われていた本です。
 更に、同じく大徐本系統の宋版をもとに刊刻したものに、額勒布の藤花榭本、孫星衍の平津館本、丁艮善の日照丁氏本が知られています。それぞれもとの宋本が異なっていたり、微妙に校定が加えられていたり、その校定に用いた本がまた異なっていたりと、それぞれややこしい事情があり、未解明の所も多いようです。ともあれ、このような形で大徐本が世に出回ることになりました。

 大徐本でさえ明末にようやく注目されるようになったわけで、小徐本は更に埋没している状況でした。しかし宋本自体は伝わっていて、上の汲古閣校定の際にも実は用いられていたと段氏は言っています。小徐本の翻刻が行われたのは乾隆年間に入ってからのことです。汪啓淑本祁寯藻本などがありますが、小徐本の方はもともと出回っている宋本の数が少なかったため、版本間の異同は大徐本ほど大きくはないようです。(そうはいっても問題は多いようですが。また、小徐本はもとから巻二十五が欠けており、普通は大徐本によって補ってあります。)

  さて、ここまでで述べたものは、いずれも明末から清の頃に宋本をもとにして翻刻されたもので、原書にどれほど忠実なのか、よく分からないところがあります。しかし、民国期に入ると、影印技術が発達したことで、宋本そのものの影印本が出版されることとなりました。代表的なものが「四部叢刊」で、大徐本・小徐本ともに善本が選ばれて影印されています。ただ、「影印」といっても微修正を加える場合があり、完全なコピーと言えるものではなく、字句の異同が存在する場合もあります。

 さて、以下整理に入ります。各本の中に貼ってあるリンクに飛べば、その本の画像公開ページに飛べます。(中國哲學書電子化計劃維基文庫Internet Archiveで見られる版本画像は基本的に共通しており、ここでは電子化計劃のものを挙げています。場合によっては、画像ページの「詳細説明」の「原書來源」に、もと画像データを公開した大学図書館などのページにリンクが貼ってあります。)

 

☆大徐本系統

・汲古閣本(第五次修改本)現在見られるものは、1773年に朱筠が汲古閣本を『説文真本』と銘打って翻刻したもの。写真:東方學デジタル圖書館、早稲田大学の古典籍総合データベースにて公開。【10/13訂正】汲古閣本そのものは、早稲田大学の古典籍総合データベースで公開されています。その後、1773年に朱筠が汲古閣本を『説文真本』と銘打って翻刻した本もあり、こちらは東方學デジタル圖書館にて公開されています。

・汲古閣四次様本→現在見られるものは、1881年に淮南書局が翻刻したもの。写真:東方學デジタル圖書館にて公開。

・藤花榭本→1807年、額勒布が鮑漱芳所藏の宋刊本を翻刻したもの。写真:早稲田大学の古典籍総合データベースにて公開。

・平津館本→1809年、 孫星衍が宋刊本を翻刻したもの。写真:鈴木俊哉「国立公文書館所蔵『説文解字』平津館本解題」にて公開。解題つき。また、平津館本をもとにして、見やすいように一字ごとに改行を加えて組み替えた本が、陳昌治本です(1873年)。「一篆一行本」とも呼ばれます。この二種の版本は、嘉慶以降に最もよく利用されたものです。

・日照丁氏本1881年、丁艮善が海源閣所藏の宋刊本を翻刻したもの。写真:東方學デジタル圖書館

岩崎本の影印本→「宋本小字本」と呼ばれるものの一つ。もとは王昶、陸心源の旧蔵本でしたが、静嘉堂に入りました。これは段玉裁も校正に利用した本です。影印本には二種類あって、「續古逸叢書」に入っているものと、「四部叢刊」に入っているものがあります。写真:四部叢刊本(中國哲學書電子化計劃)續古逸叢書本(中國哲學書電子化計劃)にて公開。先に述べたように、同じ本の影印でも微妙に修正が加えられていることがあります。参照:鈴木俊哉「續古逸叢書・四部叢刊における岩崎本説文解字影印の画像比較」
 なお、大徐本で宋本そのものが残っているものには、もう一つ「海源閣本」があります。影印本は出ていますが、画像公開はないようです。

 

☆小徐本系統

・汪啓淑本→1782年、汪啓淑によって景宋写本に基づき出版されたもの。のちに馬俊良『龍威秘書』に入っています。写真:鈴木俊哉「国立公文書館所蔵『説文解字繋傳』汪啓淑本解題」にて公開、解題つき。

・祁寯藻本→1849年、祁寯藻が善本を集めて校定を加えて出版した本。これが代表的な刊本とされる場合が多いようです。のち、『古經解彙函』に入っています。写真:広島大学所蔵『説文解字繋傳』古經解彙函本(中國哲學書電子化計劃)にて公開。

・四部叢刊本→影印本ですが、二種の本を組み合わせて作られています(卷一~二十九:述古堂景宋鈔本、卷三十~四十:鐵琴銅劍樓藏宋刊本)。写真:中國哲學書電子化計劃にて公開。同じ四部叢刊本でも、初印本と重印本で異なる部分があるそうですが、この辺りはまだ整理できていません。

 

その他の関連書籍

・『説文解字篆韻譜』→五巻本と十巻本の二種があります。元版が残っているようですが、公開はないようです。写真:国立公文書館蔵『説文解字篆韻譜』(五巻本、『函海』所収本)にて公開。

・『古今韻会挙要』南宋の黄公紹の編纂した『古今韻会』を元の熊忠が再編集したもの。段玉裁により、古い形の小徐本の引用が残されているとされて重視された。写真:京都大学貴重資料デジタルアーカイブにて公開。嘉靖版。

・『説文解字五音韻譜』→十二巻本。写真:東方學デジタル圖書館(萬暦版)東方學デジタル圖書館(天啓版)にて公開。

 

国学大師

 「国学大師」で漢字一字の検索をかけると下部に出てくる表に、様々な版本の『説文解字』とその関連書籍が出てきます。一字ごとの説解を見たい場合は、ピンポイントでその部分を表示してくれるので非常に便利ですが、どれがどの本なのか分かりにくいので、整理しておきます。

・『说文解字注』:段玉裁『説文解字注』(經韵樓本)
・「陈刻本」:陳昌治本(一篆一行本)
・「孙刻本」:平津館本
・「日藏本」:汲古閣本?【10/13訂正】汲古閣本の翻刻
・「汲古阁本」:汲古閣本(上で引いた早稲田大学の古典籍総合データベースと同一本)
・『说文系传』:『説文解字繋伝』、四部叢刊本?

 国学大師では、他に関連著作の『説文解字句読』『説文解字義証』『説文解字今釈』『説文解字詁林』を見ることができます。特に『詁林』は、まず簡単に字句の異同を確認しようとする際には非常に便利な本です。

(棋客)

*1:論文としては、大徐本については鈴木俊哉「清刊大徐本説文解字の版本評価の再検討に向けて」、小徐本については鈴木俊哉「四庫全書本『説文解字繫傳』に見える小篆異体字 」などの整理を参考にした。書籍としては、『増訂四庫簡明目録標注のほか、頼惟勤『説文入門』(大修館書店、1983年)阿辻哲治『漢字学 説文解字の世界』東海大学出版会、1985(新版は2013)を参考にした。ただ、現在でも評価の定まっていないところは多く、上の参考資料の間でも意見の食い違いがある場合がある。

*2:『汲古閣説文訂』の画像データも、東京大学東洋文化研究所所蔵貴重漢籍善本全文画像データベースにて公開されています(同治十一年の重刊本)。