達而録

中国学を志す学生達の備忘録。毎週火曜日更新。

中国古代の酒―林巳奈夫『漢代の飲食』より

 最近、中国古代の祭祀に用いられた酒やその容器について整理しています。今回は、中国古代研究者の必読論文の一つである林巳奈夫『漢代の飲食』(『東方学報』48、p.1-98、1975)ともとに、経書などに出てくる酒の種類をまとめてみます。

repository.kulib.kyoto-u.ac.jp

 林論文は、上のリンクから無料でダウンロードできます。以下の内容は、この論文のp.71-77を整理したものです。

 

 まず、漢代の酒には、大きく分けて二つの種類があります。

(lao2, ロウ):一~三、四日で完成する。
(yi4, エキ):三、四カ月かけて醸造される。

 醸造期間が長い酒と短い酒があるということです。ほか、よく経書に出てくる酒に「鬱鬯」という、香草を入れて醸造した酒がありますが、林氏はこの酒が実在したかどうかは分からないと述べています。

 さて、『周禮』天官・酒正には以下のようにあります。 

 辨五齊之名,一曰泛齊,二曰醴齊,三曰盎齊,四曰緹齊,五曰沈齊。辨三酒之物,一曰事酒,二曰昔酒,三曰清酒

 このうち、①醪に分類されるのが「五齊」と呼ばれる五種の酒で、②醳酒に分類されるのが「三酒」と呼ばれる三種の酒です。

 「五齊」それぞれの林氏の説明をまとめると、以下のようになります。

  1. 泛齊(汎齊):滓が浮いて泛々然(ぷかぷか浮かぶ様子)としている酒。
  2. 醴齊:一昼夜で完成し、酒の味は薄い。汁と粕とが半々で、べとべとしている。
  3. 盎齊:滃々然(水や雲が盛んに浮かぶさま)とし、青緑がかった白色の酒。清酒を混ぜてさらっとさせて飲む。
  4. 緹齊:赤色の酒。濾してある。
  5. 沈齊:滓は下に沈み、澄んだ汁が上にある酒。

 泛齊・醴齊はどろどろした濾していない酒で、明酌(事酒の上澄み)と茅を用いて、澄ませてから飲んだようです(これを「縮酌」という)。泛齊が最も水分量が少なく、下にいくにつれて水分量が増えていきます。

 次に、「三酒」についての林氏の説明をまとめましょう。

  1. 事酒:季節に関わらず、事があって作る酒。一か月ほどで造る。濁っていて、上澄みを「明酌」として用いる。
  2. 昔酒:冬に仕込み春に飲める酒。透明。
  3. 清酒:冬に仕込み初夏にできる酒。最も澄んだもの。

 中国で伝統的に重視された経学・礼学と呼ばれる分野の学者は、儒教で重視される祭祀の意義や手順について研究を深めました。その議論の中では、どの種類の酒をいつ使うのか、といったことが細かく書かれています。当時の学者が抱いていたイメージがどういう酒だったのかはよく分かりませんが、経書やその注釈書を読む際には、こうした前提知識も知っておかなければならないでしょう。

(棋客)

古勝隆一『中国中古の学術と社会』

 最近、法蔵館より、古勝隆一先生の『中国中古の学術と社会』が上梓されました。

pub.hozokan.co.jp

 3~8世紀、中国中古時期は治乱興亡の時代環境を背景に学術が展開した時代であった。儒仏道・目録学・注釈学・国家権力・地域性に着目して、中古時期の思想・学術の諸問題を論じ、複雑多様な知のダイナミズムを分析する。(中国中古の学術と社会 - 法藏館 おすすめ仏教書専門出版と書店(東本願寺前)-仏教の風410年

 本ブログで力を入れて取り上げてきた話題に、経書の「注釈」、そしてその一つである「義疏」があります。→義疏 カテゴリーの記事一覧 - 達而録

 古勝先生の前著『中国中古の学術』では、こうした注釈・義疏そのものの展開についての研究が中心でした。本著は『中国中古の学術と社会』と題されている通り、そうした学術と当時の政治権力との関わりや、その地域性といった面も視野に入れて議論が展開されています。

 本書の第一章「注釈と書物」p.42-43から、少し引用して内容を紹介します。

 「古典を鑑賞する」「古典に親しむ」などという。「最近の若者は古典の素養がない」という言い方を耳にすることもしばしばである。しかし、そこから一歩踏み込んで「なぜ古典は古典となりえたのか」「古典はなぜ古典であるのか」という疑問を投げかけよう。「すばらしい内容を持つから古典となった」とか、「普遍的な価値があるから出典である」とかいった答えは、著者の疑問に対する答えとしては無力である。「古典とはすばらしい価値を有する書物である」と考える人が、以上のように答えるのは同義反復でしかない。

 また、『詩経』『論語』といった「古典」の成書問題、作者問題、あるいはその内容を論じたところで、これも著者の疑問に対する答えとはなしがたい。そうではなく、どういう人々が、どのような理由、経緯で、ある書物を古典の地位にまで高めたか、そのような行為を突き動かす力は何であったのか、それを知りたいのである。

 中国古典を研究していると、「中国古典にはそんなに素晴らしいことが書かれているのですか?」というような反応を受けることがあります。けれども私は、「内容が素晴らしい」と感じたから中国古典の研究をしているわけではありません。また、私は漢文を読むことが好きですが、その際に「この内容を人生の指針としよう」といった動機から読んでいるわけでもありません(たまたまそういう方向に心が振れる文章に出会うこともありますが)。

 私が知りたいことは、まさに「なぜ古典は古典となりえたのか」「古典はなぜ古典であるのか」という点にあるのですが、こうした背景がある以上、どうしても「すばらしい内容を持つから古典となった」という答えでは満足できないわけです。

 この私の感覚が、著者と同じなのかは分かりませんが、とにかく深い共感を覚える文章です。

 さて、ではどのように研究していくのか、という筆者の態度表明が以下です。

 このような疑問に答えるためには、書物のみを静的に研究するのみならず、書物と読者との相互関係を動的に究明することが重要である、という立場があるとして、それは一応もっともな考え方である。しかし、「書物と読者」あるいは「作者と読者」といった二分法はどこまで有効であろうか。作者・読者以外に、少なくとも、伝承者・編集者・解釈者・注釈家・公認者・書写及び出版者など、書物を取り囲む様々な立場にある人々の関与を注意深く見る必要があろう。特に中国古代・中古の書物史を考察する際には、伝承者や解釈者が、書物を如何に取り扱い、また、政治的な権力がそれを如何に認証していったのか、という流れに注意する必要がある。

 注釈の研究をしていると、当然、解釈者・注釈家に対する意識は強くなりますが、公認者・出版者、また伝承者・編集者といった存在は軽く見てしまうことがあります。または、注釈者を「読者」と見て、結局「書物と読者」という二分法の枠組みだけで研究を進めてしまう、という見方もできるかもしれません。

 私は、本段からそうした研究法に対する警鐘を読み取りました。より広い視点から、注意深く研究に当たらねばならないと、身の引き締まる思いを抱きます。

(棋客)

新年のご挨拶

 2022年がやってまいりました。

 読者の皆様のあたたかなご支援に支えられて、昨年も無事に更新を続けることができました。

 最近は専門的な記事がやや少なくなっていますが、またバリバリ書いていく所存ですので、変わらず見守っていただけると嬉しいです。

 では、今年もよろしくお願いいたします。

中哲参考書目・「経書の訳本」篇

 概説書篇オンライン篇の続篇です。

 以前も書きましたが、訳を参照する際には、それがどのような方針で訳されているかということを頭に入れた上で利用する必要があります。例えば経書には、大きく古注(漢代~唐代)と新注(朱子学の解釈)の二種の注釈があり、現代の翻訳もどちらに依拠するかによって大きく変わってきます。また、過去の解釈に依拠せずに独自の訳を追求している場合は、「古典の読解の上では」少し役に立ちにくいということも往々にしてあります。(漢文の書き手は、概ね伝統的解釈を踏まえて文章を作っており、我々が彼らの文章を読む際には、その「伝統的解釈」を理解しておかねばならないため。)

  • 『儀禮』: 池田末利(東海大学出版会、1973)1 :図もあって使いやすい。他、士冠禮、士昏禮の部分しかないが、賈公彦疏を全訳した蜂屋邦夫編『儀禮士冠疏』『儀禮士昏疏』も質が高い。
  • 『春秋公羊伝』: 岩本憲司(汲古書院、1993) :何休注を含めた全訳。岩本憲司『春秋学用語集』シリーズに訂正が記されている場合があり、合わせて参考にするとよい。

井筒俊彦「ムハンマド伝」

 最近、『井筒俊彦著作集』(中央公論社、1991.10-1993.8を冒頭から眺めています。もともと『意識と本質』や『東洋哲学の構造――エラノス会議講演集』などしか読んだことがありませんでしたが、若かりし頃の井筒の文章の筆致にはまた異なる魅力があるように思います。

 今日紹介するのは、『著作集』第二冊に収録されている「イスラーム生誕」の第一部「ムハンマド伝」です。もとは、1952年『マホメット』(アテネ文庫)として出版され、1979年に一部改訂されて人文書院から再版されたものです。のち、講談社学術文庫にも入っています。

 よって、当初の原稿は井筒(1914年生まれ)が38歳のときに完成したものということになり、井筒自身、本作は「若年の私のロマンティックな夢をじかに言葉に移したような作品」であると述べています(p.10)。

 本作の冒頭、井筒がムハンマドへの思いを述べる一段を見ると、このことがよく分かります。

 ムハンマドは私の青春の血潮を湧き立たせた人物だ。一生の方向を左右する決定的な一時期を私はこの異常な人の面影とともに過ごした。彼は至るところ私についてまわった。第一に生活の環境がそれを私に強要したのだった。朝起きてから夜床に就くまでアラビア語を読み、アラビア語を喋り、アラビア語を教え、机に向えば古いアラビア詩集やコーランを読み解くという、今にして憶えばまるで夢のような日々を送っていたその頃の私に、ムハンマドのことを忘れる暇などありようもなかった。しかも精神的世界の英雄を求めて止まなかった当時の私の心は、覇気満々たるこのムハンマドという人物の魁偉な風貌に完全に魅惑されていたのだった。あの頃の生活の狂騒がようやくおさまり、あたりを取り巻いていた喧囂の声も遠い仄かな潮騒の音にしか聞えなくなってしまった今日、書肆の要求に応じてムハンマド論の筆を執るべく憶いを彼の上にひそめてみれば、髣髴と眼底に浮かんで来るこの熱情的な沙漠の児の面影とともに、青春の日のわれとわが身の様々な姿が幻想のように次々に忘却の淵から現われて来て、自らにして起る胸のざわめきを禁じることができない。

 いわゆる「学術書」「研究書」の規範に収まらない、荒々しい筆遣いに胸の高まりを抑えきれません。

 またしても私に近づいて来るのか、蹌踉とよろめく姿どもよ、
 かつて朧げなわが眼に映った汝らよ。
 さあ此度こそ力をつくし汝らを取り抑えて見せようぞ。
 なんたることか、わが心のいまなおそのかみの夢に牽かれるとは。
 私に迫って来るのか、汝ら。よし、靄霧の只中からわが身を繞って立昇り
 思いのままに振舞うがよい。
 汝らの群を吹きめぐる呪の気息に
 いまわが脚は若やいで、あやしい心地にゆれ動く。

 とゲーテは『ファウスト』の冒頭に書きしるした。もとよりこの世界的詩人が自己の生涯をかけての傑作を前にして禁じ得なかった感動に、取るに足らぬ自分の感動を比較してみようというのではさらにないが、それにしでも今これから書こうとする小さなムハンマド論を前にして私も私なりの深い感慨をどうすることもできないのだ。歴史的な学問研究は飽くまで客観的精神に終始しなければならぬ。それは自分にもよく分ってはいるけれど、しかし冷い客観的な態度でムハンマドを取扱うことは私には到底できそうもない。自分の心臓の血が直接に流れ通わぬようなムハンマド像は今の私には描けない。だからいっそ思いきって、胸中に群がり寄せて来る乱れ紛れた形象の誘いに身を委せてみよう。文化と文明を誇る大都会の塵埃と穢悪に満ちた巷に在ることを忘れて、幻の導くままに数千里の海路の彼方、荒謬たるアラビアの沙漠に遥かな思いを馳せてみよう。天空には炎々と燃えさかる灼熱の太陽、地上には焼けただれた岩石、そして見はるかす砂また砂の広曠たる平原。こんな不気味な、異様な世界に、預言者ムハンマドは生れたのだった。 

 自著の執筆に、ゲーテファウスト』の冒頭を引き合いに出すことの大胆さを井筒は誰よりも承知していたはずですが、それでも引き合いに出す気持ちを抑えきれなかった井筒の本作にかける意気込みが伝わってきます。

 井筒による情熱的な「ムハンマド伝」は、もはやムハンマドの言葉なのか、井筒の言葉なのかが分からなくなるほど、両者の境界線が溶けた文章で書き記されています。その大胆で独特な筆致を多くの方に味わっていただきたいと思います。

 

 上は中央公論社から出た著作集ですが、つい最近、慶應義塾大学出版社から『井筒俊彦全集』も出版されたようですね。

「井筒俊彦全集」 特設サイト「井筒俊彦」〜言語学者、イスラーム学者、東洋思想研究者、神秘主義哲学者 | 慶應義塾大学出版会

(棋客)