達而録

中国学を志す学生達の備忘録。毎週火曜日更新。

顧千里『撫本禮記鄭注考異』と段玉裁(1)

 顧廣圻(字は千里、1766-1835)は、清朝考証学を代表する文献学者の一人です。段玉裁(1735-1815)に激賞され、『十三経注疏校勘記』の作成などに従事し、『説文解字注』の校勘者としても名前が見えています。

 しかし、顧千里と段玉裁はいくつかの学説を巡って衝突し、ついには絶交してしまうことになりました。三十歳の年齢差を隔てながらも学問を通して結ばれた仲が結局破壊されてしまうとは、なんとも悲しいものです。詳しくは以下の記事をご参照ください。

 顧千里の生き方 | 学退筆談

 陳鱣の徒労 | 学退筆談

 この二人の論争がいかなるものであったのか、自分なりに調べてみたので、今日から紹介していこうと思います。

 なお、二人の論争の概要については、汪紹楹「阮氏重刻宋本十三經注疏考」(『文史』3輯、1963)附録「段顧校讎篇」や喬秀岩「學《撫本考異》」(『学術史読書記』、2019)、「禮記版本雑識」(『文献学読書記』、2018)に詳しいので、合わせて参考にしてください。

 

 両者のもっとも有名かつ激烈な論争は「四郊」と「西郊」に関するものですが、これについては以下に解説があります。

 校勘学者の正義 | 学退筆談

 

 今回は、『禮記』曲禮上「禮、不諱嫌名、二名不偏諱。」の条に関する両者の説の相異を見ていきます。まずこの条を読む上での前提を整理しておきましょう。

『禮記』曲禮上(阮元本)

〔經〕禮、不諱嫌名、二名不偏諱

〔注〕為其難辟也。嫌名、謂音聲相近、若禹與雨、丘與區也。偏謂二名不一一諱也。孔子之母、名徵在、言在不稱徵、言徵不稱在。

〔疏〕正義曰、「不徧諱」者、謂兩字作名、不一一諱之也。孔子「言徵不言在、言在不言徵」者、案『論語』云「足則吾能徵之矣」是言徵也。又云「某在斯」是言在也。案、『異義』「公羊説譏二名、謂二字作名、若魏曼多也。左氏説二名者、楚公子弃疾、弒其君即位之後、改為熊居、是為二名。許慎謹案云、文武賢臣有散宜生蘇忿生、則公羊之説非也。從左氏義也。」

 ここは避諱の規則を述べるところ。まず、「不諱嫌名(嫌名を諱まず)」とは、鄭玄によれば、漢字の音が近いというだけでは避諱を行わないということ。

 今回問題となるのは、「二名不偏諱」の方です。問題になるとはいっても、これがどのような規則を指しているのか、という点についての鄭玄の説明は、具体例が出されているので比較的はっきりしています。

 孔子之母、名徵在、言在不稱徵、言徵不稱在。

 孔子の母の諱は「徵在」で、孔子は「在」の字を言うときには「徵」と言わず、「徵」の字を言うときには「在」と言わなかった。

 「二名」とは、「二文字の名前」のこと。この二文字の両方を同時に使わないのが避諱であって、常に両方の字を避ける必要はない。事実孔子は、「徵」の字を使うこともあるし、「在」の字を使うこともあるけれども、両方を同時に使うことはないじゃないか、と言っているわけです。この鄭説は、『禮記』檀弓下「二名不偏諱。夫子之母名徵在、言在不稱徵、言徵不稱在。」から来ているのでしょう。

 なお、疏は許慎の『五経異義』を挙げ、公羊説では「二名」を二文字の名前を持つ者とし、左氏説では「二名」を改名して二種の名前を持つ者としていることを述べています。これも興味深いですが、今回の話題とは無関係ですので、置いておきます。

 

 さて、ここで問題となるのは、「二名不偏諱」が上のような現象を表しているのは良いとして、その際に「二名不偏諱」の語がその現象を正しく表現できているのか?という点です。

 阮元『十三経注疏校勘記』には、以下のように書かれています。

 二名不偏諱

 各本同。毛居正云「偏本作徧、與遍同、作偏誤。『正義』云、不徧諱者、謂兩字不一一諱之也。此義謂二字為名、同用則諱之。若兩字各隨處用之、不於彼於此一皆諱之、所謂「不徧諱」也。按、舊杭本柳文載「柳宗元新除監察御史、以祖名察躬、入狀奏、奉勑新除監察御史、以祖名察躬、準禮二名不遍諱、不合辭遜。」據此作遍字、是舊禮作徧字明矣。今本作偏、非也。若謂二字不獨諱一字亦通。但與鄭康成所注文意不合。可見傳寫之誤。然仍習既久、不敢改也。」

 ここで、宋の毛居正『六経正誤』による、「偏」は「徧」に作るべきとする説が引用されています。よく見ると、先に引用した疏文も「徧」に作っていますね。

 「偏pian1」は「かたよる」で、歪である、全面的でない、正確でない、の意。

 「徧bian4」は「遍」と同字で、普遍である、全面的である、の意。

 つまり、ここでは「二字を両方とも諱むわけではない」ことを示しているのだから、「二名不徧諱(二名徧(あまね)くは諱まず)」が正しいのではないか、と主張しているわけです。
 「二名不偏諱(二名偏(かたよ)りては諱まず)」では、二字のうち片方に偏らずに両字とも避諱すべし、の意になってしまうということでしょう。

 なるほど、一理ある考え方に思えます。

 

 さて、ここから「段顧之争」の幕が上がります。「偏」と「徧」との僅か一字の相違に、互いの経学観や学問的方法論の差が詰まっているわけです。

 全五回の記事になります。合わせて、盧文弨や王念孫の説も紹介する予定です。乞うご期待!

吉野町・東吉野村に行ってきました

 本ブログの中の人の一人が住んでいる奈良の奥地を。研究室のメンバー数名で訪れました。自然豊かなとても良いところでした。写真を残しておきます。

f:id:chutetsu:20200325191051j:plain

 桜のシーズンはあと一~二週間後ということでまだ一分咲き程度でしたが、たまに満開の木もありました。不思議なものです。

f:id:chutetsu:20200325191111j:plain

 絶景。桜の季節は見渡す限りピンク色に染まるようです。再チャレンジしたいところですね。

f:id:chutetsu:20200325191138j:plain

f:id:chutetsu:20200325191211j:plain

 金峯山寺。ここは結構桜が咲いていました。

 

f:id:chutetsu:20200325191242j:plain

 東南院

 

f:id:chutetsu:20200325191310j:plain

 吉水神社。

 

f:id:chutetsu:20200325192939j:plain

f:id:chutetsu:20200325192946j:plain

 東吉野村の山の中にある、私設図書館にお邪魔してきました。家の近くにこんな場所があったらな、と思います。

 →人文系私設図書館 Lucha Libro

 

f:id:chutetsu:20200325191335j:plain

f:id:chutetsu:20200325191034j:plain

 今年は学部・大学院ともに卒業式が中止になってしまいましたので、代わりに自主卒業式を開催いたしました。飲み会ではありません。

余嘉錫『四庫提要辨證』について

 前回まで、余嘉錫(1884-1956)『四庫提要辨證』という本を読んできました。概説の記事を書いていなかったので、簡単に紹介しておきます。

 

 余嘉錫に関する基本的な情報(年表、目録、交友録、逸話など)は、ウェブサイト「中国近代文献学―余嘉錫の総合的研究」に整理されています。

yujiaxi.wordpress.com

 

 訳本としては、『古書通例:中国文献学入門』(古勝隆一・嘉瀬達男・内山直樹訳注、平凡社、2008)、『目録学発微: 中国文献分類法』(古勝隆一・嘉瀬達男・内山直樹訳注、平凡社、2013)の二種が刊行されています。どちらも研究入門書として最適な本です。特に『古書通例』の方は類似の本が少ない印象で、この本を読まなければ気が付かないことがたくさんあると思います。

 うち、『古書通例』の内山直樹氏の解説から、一節を引用しておきます。

 余嘉錫は一八八四年、すなわち清の光緒十年に生まれた。字は季豫。湖南省常徳の人で、その論著にしばしば常徳の古名を用いて「武陵余嘉錫」と自署している。・・・十六歳のとき、張之洞の『書目答問』を目にし、そこに羅列された書物の圧倒的数量に気おされ、足下の支えを失ったかのごとき不安に襲われるが、ついで同じ著者の『輶軒語』を読み、『四庫全書総目提要』という「良師」の存在を知るに及んで、一転思わず雀躍する。翌年、父が公務で長沙に赴いたのにともない、念願の『四庫提要』を買い与えられた際の喜びは、余氏自身の手になる『四庫提要弁証』序録に生き生きと描かれている。それとともに、これが余氏畢生の大著『四庫提要弁証』二十四巻の出発点となった。(p.345-346)

 『四庫提要弁証』の執筆は、文字通り余氏の生涯をかけた研究です。前回まで紹介してきたように、その考証を理解するのはなかなか骨ではありますが、読み進めれば必ず得るところがあるはずです。

 ちなみに、今回用いた『四庫提要辨證』は私が最近購入した本です。中華書局四冊本で3500円。これは実質無料ですね。比較的安価で入手できるようですので、皆様もぜひ座右にお備えください。(棋客)

『後漢書』の来歴(2)

 前回の続きです。『後漢書』に関して、余嘉錫『四庫提要辨證』の説を見ていきましょう。

『四庫提要辨證』史部一・後漢書一百二十卷

①嘉錫案,『梁書』劉昭傳云「昭集後漢同異,注范曄書,世稱博悉。出爲剡令,卒官。集注後漢一百八十卷。」不言曾注司馬彪志,豈非即在集注范曄書一百八十卷之内乎。然則昭作注之始,即以『續漢書』八志併入范書矣。

②『隋書』經籍志有「後漢書一百二十五卷」注云「范曄本,梁剡令劉昭注」,而昭所注司馬彪志,亦不著錄。考「隋志」,范曄『後漢書』僅九十七卷,而昭所注乃有一百二十五卷,較原書增多二十八卷,是即今本之八志三十卷耳。

③『唐書』范書作九十二卷,別有劉熙注一百二十二卷。章宗源『隋書經籍志考證』卷一引之,以「熙」為「昭」字之訛,謂以「唐志」卷數計之,紀傳九十二卷,合續志三十卷,恰符百二十二卷之數。其説尤為精核。

④兩唐志又有『後漢書』五十八卷,劉昭補注。姚振宗『隋志考證』卷十一云:「五十八卷者,似即所注司馬八志。百二十二卷者,為所注范氏紀傳。兩書合計正合本傳一百八十卷之數。其卷數分合,不可知已。」其説雖與章氏異,然無論如何算法,皆可以證明劉昭補注范書之中,確已將司馬八志併入其内,固無以異也。

 ここは、范曄『後漢書』の本紀・列傳と、司馬彪『續漢書』の志がいつ合併されたのか、またそれと劉昭注・李賢注の関係はどうなっているのか、ということを考察するところです。ここを読むためには、歷代目録を一覧で見る必要があるので、下に掲げておきます。同じ記号が同じ本に対応しています。

・『隋書』經籍志
○續漢書 八十三巻 晉秘書監司馬彪撰
後漢書 九十七巻 宋太子詹事范曄撰
後漢書 一百二十五巻 范曄本 梁剡令劉昭注
後漢書讚論 四巻 范曄撰

・『舊唐書』藝文志
○後(ママ)漢書 八十三巻 司馬彪撰
後漢書 九十二巻 范曄撰 
後漢書論贊 五巻 范曄撰
後漢書 五十八巻 劉昭補注
後漢書 一百巻 皇太子賢注

・『新唐書』藝文志
○司馬彪續漢書 八十三巻 又錄一巻
●范曄後漢書 九十二巻
□論贊 五巻
△劉煕(ママ)注范曄後漢書 一百二十二巻
△劉昭補注後漢書 五十八巻
▲章懷太子賢注後漢書 一百巻

 ①余氏の主張は、『梁書』劉昭傳には「范曄書に注した」としか書かれておらず、「司馬彪志に注した」という記述はない(が、実際には劉昭は司馬彪志の部分にも注している)ことから、この時既に、『續漢書』の八志の部分が范曄『後漢書』に合併されていたとするもの。以下、歷代目録からこの説を補強していくわけです。

 ②まずは『隋書』經籍志から。范曄後漢書が「九十七巻」、范曄本劉昭注が「一百二十五巻」とあり、この量の差は劉昭注が司馬彪志を含むことによる差であるとします。(両者の差は二十八卷。現行本では「志」は三十卷であり、大体合う。)

 ③次は新唐書』藝文志から。こちらは范曄後漢書が「九十二卷」、劉熙注が「一百二十二卷」としています。ここで、章宗源の説を引き、1.「熙」は「昭」の誤字であること、2.九十二卷(紀・傳)+三十卷(志)で百二十二卷となり計算が合うことを指摘します。

 ④最後に、舊唐志・新唐志に「後漢書五十八卷、劉昭補注」とあるのが気になるところです。これについては、姚振宗が「司馬彪志の注釈部分が五十八卷で、范曄紀傳の注釈部分が百二十二卷、合計すると一百八十卷(『梁書』劉昭傳と同じ)となる」とする説を引いています。

 ③の章説と④の姚説は噛み合っていないのですが、どちらの説を採るにせよ、司馬彪志が早くから范曄紀傳と合併されていたと主張する上では変わりないということになります。

⑤以事理度之,蓋自章懷注既行之後,人之言後漢事者,爭用其書,而諸家之説盡廢,昭注浸以不顯。然章懷只注范書紀傳,典章制度無可考詳,讀者遂用昭原例,兼習昭所注續志,以補其闕。故杜佑『通典』述科舉之制,以『後漢書』『續漢志』連類而舉,而『通志』選舉略亦言唐以『後漢書』及劉昭所注志為一史,蓋由於此。

⑥至宋時,昭所注范書紀傳遂佚,而志則籍此倖存,孫奭遂建議以昭所注志與范書合為一編。蓋以前昭所注志與章懷所注紀傳,各為一書,至是始合。

 ここは①~④で出た結論から、更に推論を加える部分です。要約すると以下のような具合。

 ⑤唐に李賢注が出て以来、基本的にこれが使われることになり、劉昭注は徐々に顧みられなくなった。しかし、李賢は范曄の紀傳部分にしか注しておらず、典章制度には弱かった。そこで、読者は劉昭注の司馬彪志を合わせて読み、その闕を補った。よって、『通典』や『通志』が科挙の制度を議論するときに『後漢書』と『續漢書』の志の部分を同類に用いている。

 ⑥このような事情から、宋代に入って、劉昭注の范曄紀傳の部分は失われたものの、劉昭注の司馬彪志の部分は残っていた。そこで、孫奭の建議によって、「李賢注范曄『後漢書』紀傳」と「劉昭注司馬彪『續漢書』志」が一書にまとめられることとなった。この両者が一書になったのは、この時が最初である。

⑦若夫司馬彪志之與范書,則當劉昭作注之時,合併固已久矣。『提要』泥於『書錄解題』之言,以為二書至孫奭始合為一編,唐以前八志未嘗合併,是知其一,未知其二也。

⑧王鳴盛『十七史商榷』雖知劉昭用續志補入,而又謂章懷于志仍用昭注為避難就易,是蓋以為章懷作注時,已用所注續漢書志合為一書,而未嘗考之『書錄解題』。

  さて、余氏が『提要』のどこを批判したいのか、お分かりいただけたでしょうか?

 ⑦『提要』は、「司馬彪志」と「范曄紀傳」の合併を、北宋の孫奭の時としていました。しかし、余氏に言わせれば、北宋の孫奭の建議は「劉昭注司馬彪志」と「李賢注范曄紀傳」の合併であるに過ぎません。本体である「司馬彪志」と「范曄紀傳」の合併自体は、劉昭が注釈を附した時(またはそれ以前)からあったはずだ、とするわけです。

 ⑧『十七史商榷』は、逆に李賢の時に既に劉昭注司馬彪志を合わせて一書にしたと考えているようですが、この説は今度は『直齋書錄解題』の記述に抵触するとして批判します。

⑨惟錢大昕『養新錄』卷六曰:「劉昭注後漢志三十卷,本自單行,與章懷太子所注范史九十卷各別。其併於范史,實始於宋乾興元年,蓋因孫奭之請。昭本注范史紀傳,又取司馬氏續漢志兼注之,以補蔚宗之闕。厥後章懷太子別注范史,而劉注遂廢。惟志三十卷,則章懷以非范氏書,故注不及焉。而司馬劉二家之書,幸得傳留至今,與范史並列學官。」其於范史與司馬志之分合,可謂明辨以晳矣。章氏、姚氏之考「隋志」,亦幸得錢氏導夫先路耳。

  ⑨最後に明晰な説として、錢大昕『十駕齋養新錄』を引いています。確かに、非常に分かりやすく整理された説明ですね。

 

 如何でしょうか? 正史の記述、歷代目録、近人の研究を幅広く見渡して明晰な整理を与えており、現代でも参照価値が非常に高いものであることがよく分かります。

 なお、劉昭注については、小林岳「劉昭の『後漢書』注について:『集注後漢』の内容をめぐって」という論文があり、ここの内容と関連する話題が出ていますので、合わせて参考にして下さい。(ただ、余氏の議論は出てきません。)

(棋客)

『後漢書』の来歴(1)

 今回は、余嘉錫『四庫提要辨證』史部一の後漢書の条を読んでみようと思います。余嘉錫に導かれながら、『後漢書』の複雑な来歴を整理してみようという算段です。

 『四庫提要辨證』は、『四庫全書総目提要(四庫提要)』の各条に対して補訂を加えたものですから、『辨證』を読むためには『提要』の内容を把握しておかなければなりません。

 というわけで、まずは『四庫提要』に載っている『後漢書』の解説を見ることから始めていきましょう。『四庫提要』は、四庫全書を作った際、その各本に対して付けられた概要を集めて一つにしたもので、知らない本が出てきたらまずこれを見よ、という本ですね。

 

 後漢書はいわゆる「四史」の一つで、『史記』『漢書』『三国志』と並び高い評価が与えられていますが、その来歴には複雑なところがあります。

 現行本の『後漢書』は、本紀十二卷・列傳八十八卷・志三十卷の計一百三十卷から成っています。このうち「本紀」と「列傳」は、南朝宋の范曄(字は蔚宗)の作、「志」の部分は西晉の司馬彪(字は紹統)の『續漢書』から抜き取って補われたものです。この辺りは常識的な事柄でしょうか。

 范曄は謀反の咎で処刑された人物ですが、これについては最近復刊された吉川忠夫『侯景の乱始末記』の「史家范曄の謀反」に活写されていますので是非読んでみてください。司馬彪も癖のある学者でよく名前を見かけますが、専論などあるのでしょうか。

 

 さて、この『後漢書』に対する注釈としては、まず梁の劉昭が作ったものと、唐の李賢(章懷太子)が作ったものが残っています。現行本では、本紀と列傳は李賢注、志は劉昭注というハイブリッドになっています。

 

 ここまで確認したところで、まずは『四庫提要』を順番に確認していきましょう。(番号は筆者が附す)

『四庫提要』史部・後漢書・一百二十卷・内府刊本

①『後漢書』本紀十卷,列傳八十卷。宋范蔚宗撰,唐章懷太子賢注。蔚宗事蹟具『宋書』本傳,賢事蹟具『唐書』本傳。

②考「隋志」載范書九十七卷,新舊『唐書』則作九十二卷,互有不同。惟「宋志」作九十卷,與今本合。然此書歷代相傳,無所亡佚。考「舊唐志」又載章懷太子注『後漢書』一百卷。今本九十卷,中分子卷者凡十。是章懷作注之時,始併爲九十卷,以就成數。「唐志」析其子卷數之,故云一百。「宋志」合其子卷數之,故仍九十,其實一也。

 ①は、まず范曄の手になる部分についての基本情報を示しています。

 ②は、歷代の范曄『後漢書』の巻数が異なる点について、整理を与えています。(歷代の正史の目録が『後漢書』をどう扱っているかについては、次回整理して示します。)

 ここに出てくる「子巻」という語については、先日古勝先生が解説してくださいました。

 以上が基本的な情報。『提要』の体例は、まず著者の基本的な情報や巻数について述べるようになっています。

③又隋唐志均別有「蔚宗後漢書論贊五卷」,宋志始不著錄。疑唐以前論贊,與本書別行,亦宋人散入書内。然『史通』論贊篇曰:「馬遷自序傳後,歷寫諸篇,各敍其意。旣而班固變爲詩體,號之曰述。蔚宗改彼述名,呼之以贊。固之總述,合在一篇。使其條貫有序。蔚宗後書,乃各附本事,書於卷末。篇目相離,斷絕失序。夫每卷立論,其煩已多,而嗣論以贊,爲黷彌甚。亦猶文士製碑,序終而續以銘曰:釋氏演法,義盡而宣以偈言云云。」則唐代范書論贊,已綴卷末矣。史志別出一目,所未詳也。

 ③は范曄の『後漢書論贊』という書物について言及します。現行本の『後漢書』では、各列傳の最後に贊が附されており、贊が別行していたようには見えないため、疑問が生じたのでしょう。ここでは、『史通』の記述から、唐代には既に巻末に附されていたはずであり、目録で范曄論贊が別に立てられてある理由は不明としています。

④范撰是書,以志屬謝瞻,范敗後,瞻悉蠟以覆車,遂無傳本。今本八志凡三十卷,別題梁剡令劉昭注。據陳振孫『書錄解題』,乃宋乾興初判國子監孫奭建議校勘,以昭所注司馬彪「續漢書志」與范書合爲一編。

⑤案「隋志」載「司馬彪續漢書八十三卷」,『唐書』亦同。「宋志」惟載「劉昭補注後漢志三十卷」,而彪書不著錄。是至宋僅存其志,故移以補『後漢書』之闕。其不曰「續漢志」而曰「後漢志」,是已併入范書之稱矣。

⑥或謂「酈道元『水經注』嘗引司馬彪州郡志,疑其先已別行」,又謂「杜佑『通典』述科擧之制,以『後漢書』『續漢志』連類而擧,疑唐以前已併八志入范書」,似未確也。

 ④で、現行本の「志」に関する考察に移ります。冒頭は、『後漢書』皇后紀・李賢注引沈約謝儼傳の「范曄所撰十志,一皆託儼。搜撰垂畢,遇曄敗,悉蠟以覆車。宋文帝令丹陽尹徐湛之就儼尋求,已不復得,一代以為恨。其志今闕。」に拠ります。これは「謝儼」の話ですから、『提要』が「謝瞻」に作るのは誤りでしょうか。(ちなみに、余氏はこの誤りには特に言及していません。)

 ちなみに、謝儼と范曄は一緒に『後漢書』を執筆していたようで、同じく李賢注引沈約宋書(班彪列傳)に「初,謝儼作此贊,云『裁成典墳』,以示范曄,曄改為『帝墳』。」という記述があります。

 なお、ここで挙げた二条はどちらも現行本『宋書』には残っていないようです。現行本『宋書』が後の補亡を経たもので旧本と異なる点が多いということについては、『辨證』の『宋書』の項目で余氏が言及していますので、併せて参照にしてください。

 

 さて、いずれにせよ、范曄『後漢書』の「志」が欠けていた代わりに、司馬彪『續漢書』の「志」三十卷が採用された訳です。これと范曄『後漢書』が一書になった時期については、『直齋書錄解題』の記述から、北宋孫奭によるとしています。(※次回、余氏によって反論されるのはこの辺りの話です。上の引用の下線部。)

 

 そして⑤で、司馬彪『續漢書』は唐代まで残っていたものの、宋代には志の部分しか残っておらず、これが范曄『後漢書』の闕を補うために合併されたとしています。

 ⑥は、④~⑤に対する反論の一つで、1.北魏の酈道元が既に司馬彪「州郡志」を引くため、司馬彪の「志」は(『續漢書』から離れて)古くから別行していたのではないか、2.唐代の杜佑が既に両書を続けて引いているから、范曄の本紀・列傳と司馬彪の志は唐代に既に合わさっていたのではないか、という二つの根拠を挙げています。『提要』は、この説については「似未確也」として退けています。

 なお、⑥の「或謂」の説は、四庫提要史部の草稿を作った邵晋涵の説です。『南江詩文鈔』の「後漢書提要」で確認することができます。

⑦自八志合併之後,諸書徵引但題「後漢書某志」,儒者或不知爲司馬彪書。故何焯『義門讀書記』曰:「八志,司馬紹統之作。(案,紹統,彪之字也。)本漢末諸儒所傳,而述於晉初,劉昭注補,別有總敍。緣諸本或失載劉敍,故孫北海『藤陰剳記』亦誤出蔚宗志律曆之文云云」。考洪邁『容齋隨筆』已誤以八志爲范書,則其誤不自孫承澤始。今於此三十卷,並題司馬彪名,庶以祛流俗之譌焉。

 ⑦ここは、「志」の部分が司馬彪の手になることを知らない学者が多いことを述べています。孫北海(孫承澤)は明末清初の人。

 

 以上が『四庫提要』の内容です。次回、これに対する余嘉錫の補訂をご紹介いたします。

 

(棋客)