達而録

中国学を志す学生達の備忘録。毎週火曜日更新。

関西クィア映画祭に行ってきました

 先週まで大阪・京都で行われた「関西クィア映画祭」に行ってきました。大阪会場は一日だけ、京都会場は三日間の参加です。とにかく大満足の映画祭でしたので、今日から何回かの記事に分けて、感想を書き記していきます。

kansai-qff.org

 まず、観た映画をメモしておきます。

9/6(火):大阪

9/23(金・休):京都

9/24(土):京都

オールナイト上映(全部は観れませんでした)

9/25(日):京都

 

 以下、感想です。

 あまり通しで見られていない私が言うのもおこがましいのですが、プログラムに運営の方々の意図が込められていて、作品同士の比較をしながら自然と視野が広がっていくような感覚を受けました。

 たとえば、オールナイト上映の最初の短編3つは、このような順番になっていました。

  • 夫=夫
    イカップルが(おそらく「結婚」して)穏やかに幸せに暮らす話。誰もが幸せに暮らしていい、という前提の前提を共有するような映画。
  • Veils
    レズビアンカップルが、(「結婚」の代用として)ブライダルフォトを撮るに当たって、社会の無理解と戦う話。今の社会ってこんな感じ、という前提を共有する立ち位置。
    ただ、以上の二本は、結婚という関係の結び方が前提になってくる方向は同じです。
  • サラダは人生
    小気味よいボケと歯がゆい日常がリズムよく展開しながら、ともに戦う同居人二人を中心に描いた映画。人と人の関係の結び方、そしてそれをどのような言葉で表現するか(させられるか)ということについて、考え直すことができる作品。
    この作品では、「結婚」や「恋人」といった規範自体が問い直しの対象になっています。(※ちなみに本作は、監督のホームページから動画を見ることができます。→MARI OKADA

 ちなみに、結婚という観点から見ると、「世界は僕らに気付かない」では、結婚が幸せの象徴として描かれる点では上の二作品に似ていますが、主人公二人+アセルシャルの三人で家族を作る話も出てきています。個人的には、ここをもう少し丁寧に描いてほしかったように思います。

 

 さて、もちろん他にも面白い作品が沢山ありました。

 特に「ノー・オーディナリー・マン」は構成が凝っていて、細かなところに監督の意図を感じました。来週、詳しい感想をアップしようと思っています。本当はもう一度見返したいところですが、アメリカ版のアマゾンでしか観られないようですね。

(棋客)

最近のできごと

 最近、なかなか漢文の記事が書けていませんが、あまり気張っていてはブログなんて続きようがないのです(開き直り)。今回も、漢文の記事ではありません。たまには、最近の中の人の様子を書いてみようと思います。

 まず、研究方面では、論文と発表に追われています。これまでサボってきたツケが回ってきただけなので、自業自得なのですが。ある程度、ネタや材料が揃っているつもりのテーマでも、結局手を付け始めると、実は完成には程遠い状況だったことに気が付かされるものです。

 いま研究しているテーマは、南北朝の経学者に関連するものが二~三あり、他に去年から参加させていただいている章学誠『文史通義』に関するものがあります。なかなか進みが悪いのですが、なんとか形にしたいですね。

 

 研究と別方面で忙しいのは、以前紹介した吉田寮の存続活動にも携わっているからです。11月頭に、京大にて吉田寮の現状を共有する集会の場を設けますので、みなさまぜひ来てください。最新情報はツイッターからどうぞ。

twitter.com

 

 また、先日、学会発表の関係で上京しておりました。その折に、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」にお邪魔しました。工夫が凝らされていて、とても分かりやすい展示になっていました。みなさんぜひ行ってみてください。

wam-peace.org

(棋客)

栗林輝夫『荊冠の神学―被差別部落解放とキリスト教』(2)

 前々回の記事で栗林輝夫『荊冠の神学―被差別部落解放とキリスト教』(新教出版社、1991)を紹介しました。ここまで、どのような神学を志すのか、そしてそのための方法は何か、ということを取り上げてきました。今回は、では実際に「荊冠の神学」ではイエス・キリストをどのような存在として見るのか、ということを見ていきましょう。

 本書の第四章「「荊冠者」イエス・キリスト(p.297-323)において、荊冠の神学では、被差別民に示しうる最も相応しいイエス・キリストの称号として、「荊冠者」という言葉を提示することを述べています。荊冠とは、水平社の人々がイエスを「共に苦しみ負う者」として読み取るときに用いたモチーフです。

 第四章は、以下の構成を取り、「荊冠者」のイエス・キリストとはどのような存在なのか、ということを描いています。章題をみるだけでも、おおよそのところが分かりますね。

 第一節「共苦者として」
 第二節「「同伴者」イエスを超えて」
 第三節「解放者として」
 第四節「差別社会の浄化」
 結語

 第一節「共苦者として」では、被抑圧者とともに苦しむイエスとはどのような存在か、小説や記録の文章を具体例として示し、それを聖書の記述と対応させながら描きます。ここでは、イエスの最大の関心は、もっとも弱き者、哀しみにある者にあるということが強調されます。典型例として引き合いに出されるのは、遠藤周作『沈黙』のイエス像です。

 そして、こうしたイエスの姿が、ヨーロッパの主流伝統の中で描かれてきた、苦しむことのないイエス、不受苦のキリスト、栄光と権力に輝いた王としてのキリスト、といった像を破るものであることを指摘します。こうしたキリスト像は、宗教権威の絶対化に貢献し、民衆を慰撫し、教会権力に従順にさせるときに利用されました。

 その意味で、ともに苦しむ者としてイエスの在り方は、荊冠者イエスの第一の姿です。ただ、それだけではないということが、第二節で語られます。

 

 第二節「「同伴者」イエスを超えて」では、第一節で描いたような「ただともに苦しみを負う、弱く無力で沈黙するだけ」のイエスには、大きな欠陥があることを指摘します。こうしたイエスの捉え方では、イエスは近代的人間の内面の次元に関わるだけで、社会やコミュニティには沈黙し、個人の実存にだけ佇みます。遠藤周作の作品に典型的ですが、こうしたイエスは競争社会に取り残された個人の傷を慰めることはできても、それを変えていこうと呼びかけることはできません。

 また、もともと、差別は競争社会の産物でもあります。競争に負けまいとする人々は、しばしばそこで受けた傷を、いっそう社会的に弱いものに転嫁してゆく、という構造があります。苦しみに立ち続けるだけのイエスでは、こうした社会そのものを転倒していくことはできません。栗林氏は、遠藤の描くイエス像を、イエスの被抑圧世界の歴史的な救済の意義を、個人の非歴史的な実存の課題にすり替え、なんら社会的現実の苦しみを分析しないもの、として厳しく批判します。

 では、荊冠者イエスはどのような存在なのか。前々回の記事でも書いたように、イエスの福音は、私的な領域(個人の実存)だけではなく、歴史的、共同体的な自由であると考えるのが、荊冠の神学です。被差別民の苦しみは、内面的でもあり、社会的・政治的でもあります。荊冠は、受難の象徴であると同時に、解放の象徴でもあり、そのことが第三節で詳しく説明されます。

 

 第三節「解放者として」では、苦しみから解放する力を与えるイエスが、どのような存在なのか描かれます。まず、これまで解放者としてのイエス自体はラテンアメリカ神学などで重要な視点として注目されてきたものの、これらは逆に受苦のイエスに対する検討が足りず、イエスが新しい律法授与者となっているのではないか、という批判があることを紹介します。

 そして、被差別者の苦難を共に負いながら、かつ差別からの解放を目指すイエスの在り方を示したものとして、金芝河の戯曲『張日譚』を引き合いに出します。『張日譚』は、朝鮮の被差別部落である白丁の解放運動を題材とし、白丁の出身者をイエスになぞらえながら描きだした作品です。ここで描かれるイエス像は、被差別者を社会的抑圧から救い出そうとする一方、差別者に対してはその差別意識を変革し自由にするという解放を提示します。そして、この解放をもたらすものが、「周縁」とされてきた社会から生まれてくること、

 『張日譚』で語られる「解放」は、ここで簡単に整理できる話ではなく、やはり実際に読んでみなければならないと思いました。

 

 最後に、第四節「差別社会の浄化」で、差別社会からの解放がどのようにもたらされるか、が述べられています。『張日譚』では、被差別民の白丁の子として生まれ育ち、「不浄」とされた賤民こそが、社会を浄めるエージェントとして立ち現れてきます。ただこの際、抑圧者を新たなスケープゴートとし、差別に差別で答えるのではなく、抑圧者もまた変革され、救済される存在として描かれています。これは、イエスが満ち足りたものを悔い改めさせ、自由にしたことと重なり合います。

 差別者が被差別者を向上させて「解放してあげる」のではなく、解放されるのはむしろ差別者自身が、被差別者の犠牲によって達成されるのである。ホフリの民、被差別民こそ、和解のために供せられた現代のイエス・キリストである。(p.316)

 そして、『張日譚』や水平社の活動などを引き合いに出し、その具体像を明らかにしています。

 

 以上、今回は第四章の内容を紹介しました。まだまだ本は続くのですが、紹介はここで一区切りといたしましょう。それほど高額でなく買える本ですので、みなさまぜひお読みください。

(棋客)

古勝隆一『中国注疏講義 経書の巻』

 先日、古勝隆一『中国注疏講義 経書の巻』(法蔵館、2022)を著者よりご恵贈いただきました。

 

「中国古典を自分の力で読んでみたくはありませんか」

注釈を利用して古典を読む。その手法を基礎と実践で学ぶための一冊です。

【基本篇】で、注釈の基本知識と、テキスト、辞書、参考書について学び、
【読解篇】で儒教経書である『孝経』『論語』『周易』『尚書』『詩』『礼記』『春秋左氏伝』の注釈を実践的に学びます。

「「注釈を利用して古典を読む」というこの方法を身につけることができれば、儒教経典のみならず、諸子の書・歴史書・文学作品・仏教や道教の経典に対する注釈、そして日本において作られた漢文の注釈書などに対しても、広範に応用してゆくことも可能です。そのためにも、まず儒教経典の注釈の読み方を学ぼうではありませんか。」(「はじめに」より)

中国注疏講義 - 法藏館 おすすめ仏教書専門出版と書店(東本願寺前)-仏教の風410年

 上の説明にもありますが、本書を一言で言えば、「経書」を、特に注釈を通して読む方法を教える本です。「経書」については、以前このブログでも説明したことがあります。経書は、士大夫層が教養として身につけていたものであり、あらゆる中国古典を読む際に前提知識として必要になるものです。

 では、経書を読むに当たってなぜ「注釈」を利用するのかという点については、本書に以下のようにあります。

 第一の「注釈」は、中国において歴史上、二千年以上にわたり重視されてきた、古典読解のための重要な手段です。注釈を度外視して、直接的に本文を理解しようというのは、無謀な行為に他なりません。そして有力な注釈は重要な学問的営為として、伝統的に高く評価され、読み継がれてきました。これはある意味、権威主義の面がありますが、はじめの一歩としては、まず注釈を通して読むことを知らなければ、経書はまったく読めません。(p.20)

 注釈を通して学ぶことの意義は、以上の言葉に尽きていると思います。

 実際には、直接「注釈」そのものを読むことなしに、中国古典を読んでいる方もたくさんいらっしゃると思いますが、そういう場合でも(翻訳・辞書・研究などさまざまな形態で)知らず知らずのうちに「注釈」による研究の積み重ねを利用しています。

 その源の部分に自ら目を通して見ることで、同じ古典を読むにしても、色々と見方が変わってくることでしょう。

 ほかに、注釈を学ぶメリットとして、歴代の古典解釈のそのものを学ぶことができる、という点もあります。注釈は、中国古典の研究の歴史を示すものですから、過去の人々がどのように考えて古典を読んできたのか、ということを注釈を通して学ぶことができます。

 中国古典を読むとき、注釈に気を配ることで、ちょっと世界が広がります。そもそも古典を読むってどういう意味のある行為なんだろうか、ということを考えていくきっかけにもなると思います。

 

 実は、私は本書の校正のお手伝いをさせていただきました。みなさま、ぜひ手に取ってお読みください。

(棋客)

栗林輝夫『荊冠の神学―被差別部落解放とキリスト教』(1)

 今日は、前回紹介した、栗林輝夫『荊冠の神学―被差別部落解放とキリスト教』(新教出版社、1991)について、もう少し詳しく書いていくことにしましょう。

 「荊冠の神学」という言葉は、本書で最初に提示される概念であり、また探究の対象となっているものです。簡単に言えば、部落差別、部落解放運動に出発点を置くことで、聖書でいうところの「解放」を再解釈しよう、ということを試みています。

 この際、序章ではっきり宣言されているのは、「荊冠の神学」は、被差別民の解放を、個人の愛、神への回心など、内面的な問題にして解消するのではない、という点です。こうした発想は、むしろ、差別のある社会構造に、信仰が神学が取り込まれてしまった現実を反映するものだ、と厳しく批判します。また、こうした解消の仕方が、古くは賀川豊彦、そして現代に至るまで、保守的な信仰者の間で唱えられ続けていること(そしてそうした態度こそが差別であること)を指摘しています。

 部落差別の問題は、個人の内面の信仰で解消されるものではありません。差別を必然とするような社会・経済の構造、差別を内包してしまう文化、被差別部落が形成されてきた歴史的過程など、個人の信仰ではどうしようもないことを含んでいます。(以上、p.37-41の要約)

 「荊冠の神学」とは何か、というまとめをしているのが以下の一段です。

 これまで無視されてきた被差別民は今、歴史を主体的に担う者として、日本の経済、社会、政治、文化の状況すべてを根底から問いかえす作業を私たちに要請している。彼らの問いかけは、社会の支配層と共に歩む中間層の問題意識でなされた神学が論じるところとは違って、差別を温存する社会そのものの基礎をラディカルに問題とする。そこでの神学的な問いとは、世俗的な近代的な日本社会にどのように神を語り得るか、真に近代的人間を作るためにキリスト教は何を日本人に示すか、といった進歩的神学の問題ではなく、また近代を神を忘れた反聖書的時代、「たんなるヒューマニズムの支配」の時代として退ける保守の神学でもない。そうではなく、神は、いまある差別という精神的・物理的な抑圧の下に押し込められてきた被抑圧者に、「貧しきもの」「悲しむ者」「ちいさきもの」「失われたイスラエルの子」また「罪人」といった、特定の民へと注がれる神の偏愛と救いのわざがどう関わるのか、そして私たち信仰者は現在の差別の罪をいかにして克服していこうとするのか、それを模索する神学なのである(p.47)。 

 以上のように、序章をざっと読むだけでも、現代社会のあらゆる場面に通じる、きわめて普遍的な問題提起になっていることが分かっていただけると思います。

 

 では次に、第三章「荊冠の神学の資料と規範」から、本書の研究で用いる資料と、その用いる方法について説明する一段を見ていくことにしましょう。同じくテキスト解釈の研究を試みる身として、興味深いものがあったからです。

 一般に「歴史」は「上から」、つまり支配する者、勝者によって書かれるのが常である。「下」にある被差別部落のさまざまな生活体験を、日本の主流な歴史の中に読み取ることがなかなか難しいのと同じように、教会内の被差別部落への省察や実践の資料、記録も乏しく断片的である。それらは多くの場合、短い講話、説教、随筆、証し、報告、記事といった形を取る。またまとまった論考があったとしても、「社会問題と信仰」とった啓蒙的な実践神学の一部とか、「宗教と差別」という差別問題を解説した本の一章といった、限られたものの場合が多い。一人の著者によって統一的に書かれた信仰の証しにいたっては数えるほどしかない。しかし私たちはそれでも、一瞬の輝きにも似た深い洞察が含まれている、こうした記録資料を発掘し、そこに原初的に与えられた理解を分析して統一性を与え、貴重な教会的遺産としてそれらを蘇らせねばならない。(p.173-174)

 以上は、用いる資料について述べるところです。下層の人々の歴史研究につきまとう資料的な限界というのは、普遍的な問題でしょうね。

 そして以下が、それらの資料をどう読み解くか書いた部分です。序章の言葉と重なる所もありますが、改めて引用しておきましょう。

 私たちの前には、資料として二つのものがある。ひとつは差別された者の「経験」、出来事、歴史、状況、省察言語化した資料、もうひとつはキリスト教信仰の内容、「聖書」と「伝統」に伝えられた資料である。私たちの主題である「苦難」にせよ「解放」にせよ、それらは二つの異なった次元をもっている。苦難とか解放と言うことは、差別と偏見の中にあって今そこから脱却しようとしている、具体的な被差別部落民の経験に根付いた言葉だということがまずある。しかし次に苦難や解放とかの用語は、神の歴史的わざ、イエス・キリストの福音にかかわるキリスト教の神学カテゴリーの言葉であって、困窮した者にたいする神の偏愛と救済という、信仰の内実を表している。私たちの解釈の作業は、要約して言えば前者の被差別民の経験をもって、後者の聖書や伝統を再解釈し省察するということにある。荊冠の民である被差別民の痛みと希望によって、荊に顕現した神ヤハウェの解放、荊冠者イエスが示した自由の意味を見出していこうとすることにある。(p.186-187)

(棋客)