達而録

中国学を志す学生達の備忘録。毎週火曜日更新。

『論語義疏』公開画像データ一覧

 『論語義疏』について、オンラインで見ることができる画像を自分用にメモしておきます。ついでに、『論語義疏』に関する研究書も簡単にまとめておきました。

 

1.敦煌

gallica.bnf.fr

 残本。敦煌から発見された写本で、慶応抄本の発見前まではこれが最古の現存抄本でした。日本の旧抄本系統と比較すると節略が多く、字句が一致しない点が多々あります。また、経文の分断にも相違があります。

 ここから、敦煌本と日本の旧抄本の比較を通して、双方の性格の相違を明らかにしようとする研究が盛んになっていました。今回、慶応写本が発見されたことで、修正が必要になる議論もあるかもしれません。

 

2.龍谷本(文明本)

www.dh-jac.net

 完本。日本で伝えられてきた『論語義疏』抄本は、影山輝國氏によれば、現存し所在が判明するものだけで三十六種あるそうです*1龍谷大学に所蔵されているこの本は、筆写年が文明九年(1477)であると明記されてあり、室町時代まで遡る抄本として非常に重要です。

 この本に限らず、日本の旧抄本系統の『論語義疏』には北宋の邢昺の『論語正義』が書き加えられています。ここから、これらの本がどれほど古い体裁を保存しているのか、という問題について議論されることになります。

 

3.根本本

www.wul.waseda.ac.jp

 完本、木版本。根本武威による校正を経た本で、この本が中国に逆輸入されて中国の学者が『論語義疏』の生存を確認することになりました(当初は偽造を疑う学者もいたようです)。よって、清代に中国で刊行された『論語義疏』(知不足斎叢書本など)はこの本をもとにしています。

 根本本の底本については、影山氏の研究があります*2。日本の『論語義疏』の木版本には、他にも画像公開されているものがあるようですが、今回は省略しました。

 

4.武内本

dl.ndl.go.jp

 大正十二年、武内義雄らによって懐徳堂から発行された本。底本は文明本ですが、十種の旧抄本を突き合わせて校訂しており、別の新たなテキストとして見るべきものです。

 現在、中国で発行されている標点本は、この武内本を底本にしています。

 

5.研究書

 やはり日本で伝えられてきた本ということで、日本での研究は盛んと言えます。

 近年の研究動向については、髙田宗平「日本古代『論語義疏』受容史初探」(『国立歴史民俗博物館研究報告』163、p.265 - 291)の冒頭に分かりやすく整理されています。

rekihaku.repo.nii.ac.jp

※上のレポジトリのファイルでは、p.267-269あたりでページ順が入れ替わっていますので、ご注意ください。

 

 単行の研究著作としては、以下があります。

・高橋均『論語義疏の研究』(創文社、2013)

・高田宗平『日本古代『論語義疏』受容史の研究』(塙書房、2015)

・喬秀岩『義疏學衰亡史論』(白峰社、2001)

*1:影山輝國「まだ見ぬ鈔本『論語義疏』(6)」(『實踐國文學』88、p.113-119)→実践女子大学学術機関リポジトリ

*2:影山輝國「『論語義疏』根本刊本の底本について」(『實踐國文學』81、p.38 - 44)→実践女子大学学術機関リポジトリ

『中国語作文 その基本と上達法』の紹介

 先日、Twitter上で竹内金吾・賈鳳池『中国語作文 その基本と上達法』(金星堂、1975)をおススメされて購入しました。とても勉強になる内容で、買って以来毎日読んで音読しています。

 今は品切れらしく古本はやや高騰しているのですが、第17刷(2007)まで出ているロングセラーですので、また増刷されることと思います。

 では、増刷をお祈りして、少し内容を紹介します。p.134,135から。

76.今回の展覧会は両国の文化を交流し、両国民の相互理解をふかめることを目的として開催されるもので、多大の反響が予想される。

 これが問題文で、以下に解説がありますが、これが抜群なのです。

 「~するのは~するためである」は〈~是为了~〉、または〈~为的是~〉、「~するのは~を目的とする」は〈~是以~为目的〉という。ところがここでは、「目的として開催される」と後が続いていて、しかも続く語が〈举办的〉と短いから、前との口調のバランスをとるためにも〈而〉を〈目的〉と〈举办〉の間にはさむ。後に続く語が長ければ〈而〉は別に必要としない。 

 (例)※省略※

 「開催される」「予想される」がともに〈被〉などによる受身表現にしないことについては〔12.受身の表し方〕を参照。

 以上をまとめると、「~開催されるもので」までの訳は次のようになる。

 〈此次展览会是以沟通两国文化,加深两国人民的相互理解为目的而举办的〉

 これで完璧、といいたいところだが〈是以~的〉の部分が長すぎて、中国文としてはあまりよくない。そこで和文にこだわることなく次にような言い方に改めるとしよう。

 〈举办此次展览会,目的在于沟通两国文化、加深两国人民的相互理解〉

 中国語の表現は簡潔を尊び、冗長な句を嫌う。ある語を省いても、また原文といい方の順序を換えても、なお原意を十分に表すことができるとすれば、できるだけ簡潔で歯切れの好い中国文に仕上げるということを、我々は和文中訳に当って常に念頭におかなければならない。

 ・・・

【解答】※省略※

 ご覧の通り、格調高い解説が抜群です。

 大きなテーマが16、詳しい解説付きの例文は132、これに加えて練習問題もあり、また日本人に訳しにくい語を用いた応用表現を示す文例も随所に差し込まれています。

 増刷するべき良書です。金星堂さん、何卒よろしくお願い申し上げます。

(棋客)

慶應義塾図書館展示会「古代中世 日本人の読書」に行ってきました

 先週紹介した論語義疏』が一般公開されているということで、観てきました。

chutetsu.hateblo.jp

 

 第32回慶應義塾図書館貴重書展示会「古代中世 日本人の読書」(@丸善・丸の内本店4階ギャラリー、今日の16:00まで)にて公開されています。今日はその感想のレポートです。

 

 一言で言って、とても素晴らしい展示でした!

 目玉である『論語義疏』は言うまでもなく、「日本人の学者がどのように読書をし、その技法を引き継いできたか」ということに焦点が当てられた、一本筋の通った企画でした。

 わずか1000円の図録も内容が素晴らしく、帰宅した今でもついつい眺めてしまいます。

f:id:chutetsu:20201012155350j:plain

 古代・中世の日本では、読書の対象となったのは主として中国伝来の書物「漢籍」だった。

 日本人はこの難解な書物をどのように学習し、また、どのように活用したのか、古代から中世にいたる読書の様相を、慶應義塾図書館の蔵書でたどる。(図録表紙)

 

 グッズも買いました。

f:id:chutetsu:20201012155403j:plain

 

 『論語義疏』は、今のところ、画像が公開されているのはプレスリリースでのごく一部分だけです。他の部分もデータベースでの画像公開が必ずなされると思いますので、期待して待ちたいと思います。

 また、本書に関する慶応での研究班も既に2~3年行われているようですので、研究発表も楽しみにしています。

 

 さて、この「日本人の読書」とセットで行くべき展示が、三井記念美術館敦煌写本と永樂陶磁」です。

www.mitsui-museum.jp

 

 隋大業四年(608年)書写の『大般涅槃経』など、隋唐期の写本をこれでもかというほど見ることができます。こちらはまだまだ先まで展示されていますので、ぜひお立ち寄りください。

 

 余談になりますが、帰り道には国立歴史民俗博物館に立ち寄りました。

www.rekihaku.ac.jp

 気になっていた展示「性差の日本史」が折よく開催中でしたので、観てまいりました。こちらも力の入った展示で、ジェンダーに役割が背負わされていく過程が生々しく描写されていました。

 目当ては特別展でしたが、とても広大な常設展も素晴らしく、全部見終わることができませんでした。またの機会に立ち寄りたいと思います。

 

(追記)

 この展覧会に関する素晴らしいレポートを発見したので載せておきます!せひご覧ください。

banketong.wordpress.com

慶應義塾大学蔵『論語義疏』古写本の発見について

 最近、衝撃的なニュースが飛び込んできました。かの『論語義疏』の古写本の一部が発見されたというのです。

www.keio.ac.jp

www.asahi.com

 

 以下のように、既にブログで解説している方もいます。

hirodaichutetu.hatenablog.com

 

 一部上の記事と重なるところもあるのですが、本ブログでも、改めて「なぜ研究者が驚いているのか」「どのような価値があるのか」ということをお伝えしたいと思います。

 以下、大きく二点に分けて、解説いたします。

 

1.『論語』の伝来という視点から

 論語という書物は、おそらく皆さん聞いたことがあると思います。春秋時代を生きた孔子の発言や行いを、その弟子たちが整理して作った言行録で、中国のみならず漢字文化圏のあらゆる地域で重視されてきた本です。

 ここで少し考えていただきたいのは、「人間の長い歴史の中で、本はどのようにして伝わってきたのか?」という問題です。『論語』の原型は紀元前5世紀ごろに書かれたとされていますが、ここから現代に至るまで、途方もない時間の間隔があります。

 現代に残る古典のテキストを昔へ昔へと遡っていくと、まず大抵は宋代、特に南宋期(12~13世紀)のテキストに行き当たります。というのも、この頃木版印刷が盛んになり、本の物理的な数が圧倒的に増えたからです。逆に言えば、宋代より前の「本」の現物を確認できるケースは、非常に稀です。

 「印刷」が始まるより前は、当然紙に「手書き」で書き写して複製するしかなかったわけです。これを「写本」「抄本」といいます。なお、「紙」が発明される前は、竹や木に書かれ、これは「竹簡」「木簡」と呼ばれます。紙の発明は後漢(1~2世紀)の頃とされており、魏晋から隋唐の頃にかけて、次第に紙が主流の時代になっていきます。

 手書きとなると、書き写される数がどうしても少なくなってきますから、古い時代の写本となると、それだけで非常に貴重なものとなるわけです。

 『論語』の場合、古い例としては竹簡が一部発見されており、また石に刻んだ石経が一部保存されています。また、隋唐期の写本としては、敦煌より発見された文書群の中に一部が発見されています。基本的にはこれだけです。よって、プレスリリース通りに「隋以前の写本」ということになれば、他に例のない、論語』の最古の写本の発見ということになります。

 つまり、まず『論語』という本そのものの伝来という面から見て、大変貴重であるといえるわけです。

 

2.『論語義疏』の重要性

 今回発見されたのは『論語義疏』という本ですが、この「義疏」とは何ぞや、というのがとても大事なところです。

 『論語』をはじめとする「経書」と呼ばれる古典群は、中国で伝統的に最も重視されてきたものです。経書は、重視されるがゆえに、さまざまな人々によって繰り返し新しく解釈されながら、次の時代へと伝わっていきました。こうして作られた本を「注釈書」と言います。注釈によって、学者が自分の考えを示しているわけです。

 注釈書も、時代が進むにつれて様々な種類が現れてきます。まず、後漢から魏晋の頃にかけて、馬融、鄭玄、何晏といった人々が経書の本文に対して「注」を作りました。

 徐々に注が定着し数を増してくると、今度は経書の本文と注の両方を踏まえて、それらに対して再度解釈を施すようになります。これが「疏」「義疏」で、そのうち梁の皇侃が作ったものが論語義疏』と呼ばれています。

 義疏は南北朝時代に多く作られましたが、唐代にこれらを総合して五経正義』という国定の疏が成立し、続けて『周礼疏』『儀礼疏』、また北宋に入って論語正義』などが作られると、義疏のほとんどが姿を消してしまいました。古い成果を吸収して新しい本が作られると、もとの古い本が滅びてしまう、というのは常見される現象です。特に『論語義疏』の場合は、『論語正義』の成立によって姿を消すことになりました。

 しかし、義疏が滅びてしまうと、現代のわれわれが経書に関する学問(経学)を研究しようとするとき、南北朝時代が全く空白の時代になってしまうのです。よって、たとえわずかでも、この時期の著作のそのものが残っていたならば、研究上たいへん大きな意味を持つことになります。

 

 義疏は南北朝期に大量に作られましたが、現存するものは皇侃の論語義疏』が完本、そして皇侃の弟子の鄭灼が記したとされる礼記子本疏義』が一部、そして隋の劉炫の『孝経述議』が一部、また著者不明の『講周易疏論家義記』が一部、基本的にはたったこれだけです。先に言った事情から、これらは全て日本に伝来し保存されていた義疏です。中国では、ごく一部が敦煌から見つかっているほかは、姿を消してしまったようです。

 「なんだ、『論語義疏』はもともと完本があるんじゃないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは日本で書き写されながら伝わったもので、最古のものでも室町時代の写本で『論語義疏』の成立からは大分時間が経っています。ほか、敦煌から発見された『論語義疏』がありますが、こちらも一応唐代のものとされています(この本は異同が多く、別系統のテキストとする説もあります)。

 しかし、今回発見された『論語義疏』は、なんと隋以前に遡り得るということですから、『論語義疏』が書かれた梁代とはもう目と鼻の先です。著者である皇侃の弟子ぐらいの世代が書いていてもよいぐらいの古さです。

 

 つまり、『論語義疏』のごくごく初期の写本が発見されたということになり、その内容はもちろんのこと、むしろ書写の形式面が非常に注目されます。というのも、「義疏がどのように書かれていたか」という問題は、「義疏がどのように作られたか」という問題と密接に絡んでいるからです。これに関する研究は色々あるのですが、有名な史料はこれでしょうか。

『北史』儒林傳、徐遵明

 是後教授門徒,每臨講坐,先持經執疏,然後敷講。學徒至今,浸以成俗。遵明講學於外,二十餘年,海內莫不宗仰。

 「持經執疏」、つまり片手に経文の書かれたテキストを、もう片方で疏を持ちながら講義をしたというわけです。この史料から判断すると、経文と疏は別の本に書かれていたということになりますね。他、実物の存する『孝経述議』が単疏本であることなどから、これまでは、概ね古い形式の義疏は単疏本(疏だけが書かれていて、経・注は書かれていない本)であると考えられてきました。

 しかし、今回発見された『論語義疏』の形式は、既に発見されていた義疏の古写本である『礼記子本疏義』と非常によく似ており、「経+疏+注+疏」という形で示されています。これが何を意味するのかについてはまだまだ議論が必要ですが、「古い疏の形式=単疏本」と安易に考えすぎるのもよくないのかな、と個人的には感じました。今のところは、「義疏は単疏の形で執筆されたと考えられるが、利用の便を考え、早いうちから注疏本も存在していた」ぐらいに考えておこうかと思います。

 ただ、半知録さんの指摘通り、今回の写本に「題疏」(『論語』の篇名に対する疏)が見えないのは不可解です。このあたりの謎も、まだまだ検討の余地があるでしょう。

 

 

 以上、私の拙い説明で伝わったのか分かりませんが、とにかく本物であれば、間違いなく国宝に指定されるべきものです。先に名前を出した『礼記子本疏義』はもちろん国宝です。大変喜ばしい発見に、われわれ研究者は胸を躍らせているところです。

(棋客)

瞿同祖『中国法律与中国社会』の紹介(3)

 瞿同祖『中国法律与中国社会』(中華書局、1981)、第四節「親族復讐」の翻訳の続きです。p.80~になります。

 前回まで、中国における「復讐」行為に関する規定の実例を整理してきました。今回は、そのまとめの段落です。

 後漢以降の法律を見渡すと、元代の一期間を除けば、いずれも人民が私的に復讐することを禁止している。法律には、一つの共通した傾向がある。つまり、生殺権は主権によって管理されて、人民が不当な仕打ちを受けた場合、必ず政府に雪辱を晴らすことを求める、ということである。

 魏律と明律、清律はやや寛容であるのだが、完全に放縦しているわけではなく、人々が互いに殺傷することは許していない。原則上、凶悪犯は死に値するとはいえ、必ず官に告げて罪を治めさせるべきで、勝手に殺害してはならない。よって、魏律では、弹劾されて逃げたものだけ、その子弟が探して殺すことを許している。清律では、仮に凶悪犯が逃げて官のもとに至らないうちに、被害者の子孫と遭遇したとしても、官吏に送って法に沿って処罰することしかできず、勝手に仇敵を殺してはならないし、勝手に殺した場合は「擅殺応死罪人律」に照らして杖一百に処される。

 既に国法の制裁を受けた凶悪犯については、人民が更に報復を加えてはならない。これはもともと司法の効力を承認し、司法の威信を維持する社会が必ず備えている条件で、よって魏律は復讐を許さないのである。清律の規定では、凶悪犯が官に来て逮捕され、減刑されたのちに逃げて故郷に帰り、子孫に殺されたものは、杖一百か流三千里に処し、犯人が死刑となってのちに減刑され、流刑にして軍に充てられ、恩赦にあって故郷に戻ったりした場合、どれも国法の延伸に属していて、仇敵とするべきではない。仮に、被害者の子孫が、犯人の処分に不平を抱いてそれでも復讐を企図した場合、「謀故殺定拟」に照らして、緩決に入り、永遠に監禁される。この条の規定からは、国法が私的に復讐をして快感を得ることの是正を重視していると見て取れる。主権ということからいえば、国法は殺人権を人民には決して与えてはならないし、凶悪犯はただ国法の制裁を受けるだけで、公権が許すか否かに拘わらず、人民は、法律の効力を否定してはならないし、法律に不満があるからと言って自ら埋め合わせをしようとしてはならない。・・・

 注釈は省略しています。

 ここまで、復讐を防ぐための方法として、積極的・直接的な法律を紹介してきました。次は、消極的に防ぐ例として「移郷」を挙げます。

 法律上では、積極的に復讐を制限する方法のほかに、住まいを移して(移郷)仇を避けるという方法によって、消極的にも復讐の発生を防いでおり、法律における復讐の防止策は徹底しているといえる。

 「移郷」の方法は古来からある。社会風俗が復讐を推進していた上古時代にもうこの習慣があり、父兄の仇敵はみな住まいを移して和解し、そうでなければこれを捕えるというのは、調人の官の責務であった。後世の法律もこの慣習に倣って、移郷という方法を許している。凶悪犯が逮捕され、国法によって罪が定められると、復讐はするべきではないが、ただ恩赦の機会に恵まれた場合、被害者の家属は犯人が罰に服しなかったことを受け入れないので、政府は復讐が起こるのを防ぐために、この法を制定する。・・・

 ここまで三回の記事で述べてきたように、復讐の制限のために代々で様々な法律が定められていたわけですが、必ずしも復讐行為が消え去ったというわけではありませんでした。というより、そういった行為がなくならないからこそ法律に定められている、というべきでしょうか。

 しかし、我々が注意すべきなのは、法律がどれだけ厳しく制裁を加えようとも、復讐の風紀は盛んであり、この類のことは歴史上に不断に出現し、多くの人は身に罰を受けようとも、死を恐れて仇を討たないという不孝を犯すことを肯ぜなかった。漢代の復讐について、「俗稱豪健、故雖有怯弱、猶勉而行之」(『後漢書』桓譚伝)という。甚だしい場合には、父祖が国法の罰を受けた場合でさえ、子孫は是非を問わず、勢力の有無を顧みず、復讐に当たった。・・・

 以下、本文では復讐の話がまだまだ続くのですが、とりあえず翻訳はここまでで終わりにしたいと思います。

 普段、研究書を(翻訳するレベルで)丁寧に読むということはあまりないのですが、やってみると良い勉強になりました。そうはいっても大雑把な訳ではあるので、参考程度に見てくださいね。

 次は何の本にしようか、悩んでいるところです。

(棋客)