達而録

中国学を志す学生達の備忘録。毎週火曜日更新。

尚書

とある最近の本について

最近発売された山口謠司『唐代通行『尚書』の研究』が大学の図書館に入っていました。 個人的に興味のあった、第二章・第五節の「『群書治要』所引『尚書』攷」のうち、舜典について調査した部分から、「p.122、p.123」の六つの条だけを見てみました。ここは…

銭大昕「與段若膺論尚書書」について

最近、訳あって銭大昕「與段若膺論尚書書」を読んでいます。これは銭大昕が段玉裁と『尚書』に関して議論を交わした書簡であるということで考証学史において重要であると同時に、内容自体もなかなか興味深い書簡です。 もとは、四部叢刊本『潜研堂文集』で読…

句読の難―『困学紀聞』と『尚書大伝』(下)

前回の続きです。 回りくどい話をしてきましたが、ここで登場するのが、丁杰(乾隆3年-嘉慶12年、1738-1807)です。まずは伝記資料から、彼の功績を確認してみましょう。 『文獻徵存録』卷七 丁杰、字升衢、歸安人。少以清苦建志、家貧不能得書。日就書肆中…

句読の難―『困学紀聞』と『尚書大伝』(上)

以前、「考証学における学説の批判と継承」と題して、『尚書』のある一条を題材に取り、考証学者たちの学説の変化を追ってみました(全五回)。この調査は、環境さえ整っていればそれほど難しいものではないのですが、なかなか興味深い結果が出てくることも…

内容が良ければそれで良いのか?―閻若璩『尚書古文疏證』より

読書会で議論のあった部分から。閻若璩『尚書古文疏證』より。 『尚書古文疏證』巻二 第十七 或又曰「晚出之書、其文辭格制、誠與伏生不類、兼多脫漏、亦復可疑。然其理則粹然一出於正、無復有駁雜之譏、子何不過而存之乎。」 余曰「似是而非者、孔子之所惡…

考証学における学説の批判と継承(5)

前回の続きです。問題となる疏文を再度掲げておきます。 『尚書』堯典(阮元本『尚書注疏』卷二 三葉上) (疏)以庸生賈馬之等、惟傳孔學經文三十三篇、故鄭與三家同以爲古文、而鄭承其後、所註皆同賈逵馬融之學、題曰古文尚書、篇與夏侯等同。而經字多異、…

考証学における学説の批判と継承(4)

前回の続きです。問題となる疏文を再度掲げておきます。 『尚書』堯典(阮元本『尚書注疏』卷二 三葉上) (疏)以庸生賈馬之等、惟傳孔學經文三十三篇、故鄭與三家同以爲古文、而鄭承其後、所註皆同賈逵馬融之學、題曰古文尚書、篇與夏侯等同。而經字多異、…

考証学における学説の批判と継承(3)

前回の続きです。問題となる疏文を再度掲げておきます。 『尚書』堯典(阮元本『尚書注疏』卷二 三葉上) (疏)以庸生賈馬之等、惟傳孔學經文三十三篇、故鄭與三家同以爲古文、而鄭承其後、所註皆同賈逵馬融之學、題曰古文尚書、篇與夏侯等同。而經字多異、…

考証学における学説の批判と継承(2)

第一回の続きです。問題となる疏文を再度掲げておきます。 『尚書』堯典(阮元本『尚書注疏』卷二 三葉上) (疏)以庸生賈馬之等、惟傳孔學經文三十三篇、故鄭與三家同以爲古文、而鄭承其後、所註皆同賈逵馬融之學、題曰古文尚書、篇與夏侯等同。而經字多異…

考証学における学説の批判と継承(1)

現在、大学の演習である考証学者の剳記を読んでいます。その予習で毎週色々と調べることになるのですが、特に乾嘉の学以降の考証学者となると、一つの小さな学説にも他の学者の説との継承関係(賛成・反対の両者を含む)が見られて非常に興味深いです。 その…